結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
お礼状,内祝い,お祝い返し

【知っておきたい結婚式のマナーとは!?】お礼状・お祝い返し・内祝い

結婚式までの準備は忙しいですが、結婚式が終わったからといって、それでおしまいというわけではありません。結婚のお祝いを頂いた方にお返しをしなければなりません。

結婚祝いのお礼状についてのマナー

結婚祝いのお礼状は下記のように、出す相手によって異なります。それぞれ、どのようにお返しをすれば良いのか確認しておきましょう。

  • 結婚式に出席してくれた人
  • 結婚式に出席していない人から結婚祝いを頂いた場合
  • 結婚式に出席していない人から電報を頂いた場合

結婚式に出席してくれた人へのお礼状

結婚式に出席してくれた人からはお祝いも頂いていますが、披露宴でもてなし、引き出物を贈っているので、お返しを贈る必要はありません。

しかし、結婚式に出席してくれたことへの感謝の気持ちをこめて文書で伝える必要があります。

お礼状のポイント

結婚式に出席してくれたことへの感謝の気持ち、これから始まる新しい生活への決意などを書くと良いでしょう。差出人は連名で二人の名前を書き、女性(または男性)の旧姓も書いておくようにしましょう。

また、お礼状を出すのは結婚式が終わってすぐでなくても、新婚旅行から帰って落ち着いてからで大丈夫です。

結婚式に出席していない人から結婚祝いを頂いた場合のお礼状

結婚式に招待していたけれど残念ながら欠席だった人や、結婚式に招待できなかった人からお祝いを頂いた場合は、お礼状とお返しの品を送ります。

直接お返しの品を手渡しするのが望ましいですが、遠方で手渡しするのが困難な場合には、まずお礼状を出して感謝の気持ちを伝え、その後お返しの品を郵送します。

直接手渡しすることが可能ならば、まずお礼状を出して感謝の気持ちを伝え、相手の都合に合わせてお返しの品をお届けしましょう。

お返しの品物は、遅くても結婚式の1ヶ月後には相手に届くようにするのがマナーです。

お礼状のポイント

結婚祝いのお礼や感謝の気持ち、喜びの気持ちが伝わるような文章にしましょう。品物を頂いた場合には、その品物に触れて書くのも良いでしょう。また、手書きの方が気持ちはよく伝わります。

お祝いの電報を頂いた場合のお礼状

結婚式の祝電に対するお礼は、お礼状のみで大丈夫です。電報によっては高額なものもあるので、その場合には新婚旅行のお土産などを贈るのも良いでしょう。

お祝い返しと内祝いについてのマナー

内祝いとは、自分におめでたいことがあった場合に、喜びの気持ちを表して食事会を開き身内や親しい人をもてなしたり、身内などに品物を贈ってお祝いしたことがもともとの始まりです。最近内祝いの意味合いが変わり、お祝いに対するお返しのことを意味し、お祝い返しと同じ意味で使われています。

お祝い返し・内祝いの金額は?

お祝い返し・内祝いは、一般的に頂いた品物や現金の半額相当の品物を贈るのがマナーです。(地域により異なる場合もあります。)高額な場合はその金額の3分の1〜4分の1程度のお返しをします。例えば、現金で10万円のお祝いを頂いた場合は、3万円〜4万円くらいのお返しをします。

お祝い返し・内祝いとして引き出物を贈るのはNG?

お祝い返し・内祝いに引き出物を贈る人もいます。その場合は、お祝いの金額に対して適しているのかを確認する必要があります。

お祝い返し・内祝いの表書きは?

一般的に「内祝い」「結婚内祝い」ののしをつけます。以前は両家の苗字を書くことが多かったのですが、最近は二人の名前のみを書くことが多いです。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン