結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
引き出物,引き菓子

【引き出物・引き菓子を決める】人気のある引出物・引菓子と相場

引出物とは、結婚式に出席してくれたことへの感謝の気持ちを込めて、新郎新婦から出席者に贈るお土産です。結婚式には独身の人、家族のいる人、若い人、年配の人…さまざまな人が出席しています。出席してくれた人みんなが喜んでくれる引出物は何なのでしょうか。新郎新婦の最も頭を悩ませるところだと思います。
一般的に結婚式の引き出物として鰹節をイメージする人もいるのではないでしょうか。かつては、引出物の風習がありましたが、近年はその風習が残っている地域もわずかです。自分が贈りたいものではなく、みんながもらって喜ぶものを選ぶと良いでしょう。

ゲストによって違う引き出物を

引き出物は全員に同じものを贈らなければならないわけではありません。近年はほとんどの人が、引き出物をゲストによって分けているということです。また、結婚式に出席してくれる人はお祝いを持ってきてくれますが、頂いたお祝いの金額によって分ける必要があるでしょう。

ゲストの年齢・性別などによって引き出物を分ける

ゲストに応じた引き出物にしたいからと言って、出席者全員に対応することは困難です。年代や性別、新郎新婦との関係によって引き出物を分けると良いでしょう。

ゲスト おすすめの引き出物
若い男性 男性向けのシックなもの、普段お金をかけないものなどが良いでしょう。
食器ならば若い人向けのコーヒーカップやビールグラスのセットなども◎
若い女性 アクセサリーケースやコスメグッツが人気です。
食器ならばおしゃれなデザインのものやブランドものが喜ばれます。
ファミリー 食器ならば大皿やセットになっているものが喜ばれるとか。
子供向けの商品も載っているカタログギフトも良いでしょう。
上司 上司の家族も喜んでくれるようなものが良いでしょう。
家族で使えるような実用性のあるものが人気です。
親戚 遠くから来る親戚が多い場合にはカタログギフトなどの軽くてこわれにくいものが良いでしょう。

引出物の相場は?

引出物の内容を変えても金額は出席者全員同額の場合や、頂いたお祝いの金額が高い人(夫婦で出席してくれた人や親戚、上司など)は引出物の金額も高くする場合などさまざまです。

引き出物の金額を分ける場合

友人からのお祝いは2万円〜3万円が一般的ですが、友人の引出物の相場は3,000円ほどとなっています。夫婦で出席している人・上司・親戚は4,500円〜5,000円にしたり、友人と同じ引き出物に何かプラスするかたちで差をつけたりしている人が多いです。

夫婦で披露宴に出席する場合のお祝いの金額は一般的に50,000円です。引き出物は一人に一つでなく、一家族に一つ贈ることになるので、夫婦で出席する人の引き出物に少し差をつける人が多いのです。また、親戚や上司も同様にお祝いの金額が高い場合が多いので、引き出物の金額も高くする人が多いです。

人気のある引き菓子と相場

引き菓子の相場は1,000円〜1,500円です。一般的にバウムクーヘンや紅白まんじゅうのイメージが強いですが、最近はさまざまなお菓子が引き菓子として贈られています。ほとんどの人が洋菓子を贈っていますが、やはり最も人気のあるのはバウムクーヘンだとか。最近増えているのが、焼き菓子やクッキーです。そのほかデニッシュパンやマカロンなどもよく見かけます。

引き菓子で共通して言えるのは、有名なお店や人気のあるお店のものであることでしょう。また、結婚式場で購入(手配)している人がほとんどです。

引き出物・引き菓子の決定から披露宴前日までの流れ

引き出物・引き菓子とも披露宴会場で手配してもらうことができますが、百貨店などで購入して持ち込める結婚式場もあります。引き出物や引き菓子を最終決定して発注するのは披露宴出席者が確定後、挙式のだいたい2〜1ヶ月前になります。気に入った引き出物があっても、式の直前に申し込んだのでは取り寄せが間に合わない場合があります。引出物が決まったら、早めに抑えておくと良いでしょう。

また、引き出物・引き菓子を結婚式場に持ち込む場合に持ち込み料がかかる場合があります。結婚式場に確認してから決定しましょう。

披露宴までの期間 やること
披露宴4ヶ月前
〜3ヶ月前
・引出物・引き菓子を決める。
・名入れなどをする場合は披露宴4〜3ヶ月前に発注する。
披露宴2ヶ月前
〜1週間前
・出席者数が確定したら発注する(すでに商品をおさえている場合は、正確な発注数を知らせる)。
・出席者数の変更があったら、すぐに個数の変更を行う。
披露宴1週間前
〜前日
・結婚式場に持込む場合は、式場の担当者に保管場所の確認。
・配達された商品の個数を確認。

引出物・引菓子に関する注意

引出物の風習はわずかながら残っている地域もあります。会費制で結婚式を行う北海道や東北地方、寝具を引出物として挙式前に届ける秋田県・山形県、引出物の品数が多く記念品・引き菓子・赤飯・果物・松の葉などを贈る新潟県、かまぼこを引出物に付ける富山県、重さがあって大きい引き出物が良いとされる愛知県・岐阜県、おいりという地元のお菓子を引き菓子とする香川県などでは、事前に両親に相談して、地域のしきたりに合ったものを手配するようにしましょう。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン