結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
ドレス

【ドレス・衣装を決める】ウェディングドレス選びは早めに始めよう!

結婚式の準備でもっとも花嫁がこだわりたいのがウェディングドレスや白無垢などの衣装なのではないでしょうか。このページでは、ドレス・和服選びの常識を紹介していきます。

ドレス選びの前に確認しておきたいこと

結婚式の衣装は種類が豊富にあって迷ってしまいます。ドレス選びを落ち着いて行うためには事前の準備が大切です。ここで確認しておきましょう。

ドレス選びにも段取りが必要!ドレス決定までのスケジュール

ドレス選びは結婚式場が決まってから挙式4ヶ月前くらいまでには始めましょう。結婚式の準備は他にもたくさんあるので、早めに決めておくと良いでしょう。また、迷っているうちに他の人が予約を入れてしまった…なんてことがないようにしたいですね。ドレス選びを失敗しないためにも、スケジュールを組んで進めていくと良いでしょう。

挙式6ヶ月前〜4ヶ月前

最低でも挙式4ヶ月前までには、ドレス選びを開始します。オーダードレスにするかレンタルドレスにするかが決まっていない場合には、早めに決めておきましょう。結婚式場を半年以上前に決めた場合はもっと早くドレス選びを開始しても良いです。

挙式3ヶ月前〜2ヶ月前

衣装の試着をして、ある程度何点かに候補が絞れてきたら、1点に決定しなくてはいけません。小物などを合わせてみると、決定しやすくなります。挙式2ヶ月前までには、お気に入りの1枚に決定させておきましょう。

挙式2ヶ月前〜1ヶ月前

ドレスが決まったら、ベールやティアラなどの小物も決定しなくてはいけません。この頃にドレスのサイズ合わせも行っていく結婚式場・ドレスショップが多いです。

ドレス専用の下着を使用する場合は、サイズ合わせの前に用意しておくと良いでしょう。

挙式直前

ドレスをドレスショップで決めた場合は、挙式の2〜3週間前までに搬入方法や、受け取り方法について確認しましょう。結婚式場と提携しているドレスショップでは、挙式までにドレスを式場まで持ってきてくれますが、そうでない場合には自分で受け取って持ち込まなくてはいけません(結婚式場に郵送する場合もあります)。

お気に入りの1枚に出会うためのドレスショップ探し

挙式を行う結婚式場やホテルで気に入ったドレスが見つかれば良いですが、他のショップを見てから納得して決めたいですよね。ドレスショップもたくさんあるので、どのお店に行けばいいのか迷ってしまう人が多いとか。

ドレスショップの探し方

結婚情報誌やインターネットのサイトで、自分の住んでいる所や通える場所にあるドレスショップを調べましょう。雑誌やサイトに掲載されているドレスは、ショップにあるドレスのほんの一部です。雑誌等で気に入ったドレスを見つけたら切り抜いて、お店を訪ねるときに持って行くようにしましょう。

また、ドレスショップにはオーダードレスを専門としているショップと、レンタルドレスを専門のお店があるので、確認してから足を運ぶと良いでしょう。

衣装の試着には予約が必要

下見だけなら…と連絡なしでお店に行っても、コーディネーターの案内を充分に受けられない場合があります。前もって予定が決まっている場合には、下見だけでも連絡をしてからお店に行くようにしましょう。また、試着はほとんどのショップで予約制を取っているので、予約が必要です。

ドレスの下見・試着に行く時の持ち物

カメラ

撮影不可のショップもあるので確認が必要ですが、撮影が可能なショップが多いです。ドレスを着た写真を数枚撮っておくと、他のショップのドレスと迷った場合に比較しやすくなります。気になったドレス全てを写真に残し、しっかり検討する人も。

髪の毛をまとめるもの

髪の毛の長い人は髪の毛をおろしていると、ドレスのラインや雰囲気がわかりにくくなってしまいます。髪の毛をアップにして行くか、髪の毛を束ねられるものを持って行くとよいでしょう。

お気に入りのドレスの切り抜き

気に入ったドレスの切り抜きを持参すると、ドレス選びがスムーズになります。全く同じドレスをそのショップで扱っていなくても、そのドレスと似た雰囲気のものを紹介してくれるでしょう。ドレスの切り抜きなどでコーディネーターに自分の好みを知ってもらえるようにしましょう。

式場の写真など

いくら自分の好みのドレスであっても、式場の雰囲気に合っていなければ良くありません。式場の雰囲気にドレスが合っているか確認するためにも、式場の写真は必要となってきます。また、コーディネーターにも会場の雰囲気を知ってもらうことが大切です。

ドレス選びの服装

ストッキング

ショップで貸出しも行っている場合がありますが、あらかじめストッキングをはいていくと良いでしょう。黒やカラータイツではドレスと合わないので、肌色のストッキングが良いでしょう。

着脱しやすい服と靴

多くのドレスを試着する場合もあります。その都度、着替えに時間がかかってしまっては大変です。着脱しやすい服装で行くと良いでしょう。また、ブーツなどの脱ぎにくい靴も避けましょう。

ストラップが外れる下着

ドレスによっては、下着が見えてしまうこともあるので、ストラップが外せるものを付けていきましょう。また、ドレスの試着はショップの人が手伝ってもらう場合が多いので、恥かしくない下着で行くと良いでしょう。

ドレス専用インナーって??

ドレス専用インナーとは、体のラインを美しく見せることができる下着です。バスト・ウエスト・ヒップのラインを美しく見せ、姿勢も良くしてくれます。

いつまでに用意しておけばいい?

ドレスに合わせてドレス専用インナーを購入するのならば、ドレスを決めてからが良いでしょう。どんなタイプのドレスにも対応できるインナーならば、下見のときにも使用すると良いです。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン