結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
スピーチ

【祝辞やスピーチの依頼】失礼のない上司や友人への依頼方法と謝礼

結婚式のスピーチは、招待状の発送前に依頼しましょう。2ヶ月前に招待状を発送するので、それに間に合わせて依頼しなくてはいけません。親しい友人であっても、結婚式の依頼やお礼などのマナーが欠けていることで、人間関係にひびが入ることにもなりかねます。依頼方法について確認して、依頼した人にも「引き受けて良かった」と思ってもらえるようにしたいですね。

失礼のない主賓挨拶・乾杯の依頼とは?

主賓は会社の上司や学生時代の恩師に依頼することが多いです。本人の周辺に引き受けてくれる人がいない場合などには、両親の知り合いに依頼しても良いでしょう。一般的に社会的な地位の高い人にお願いします。新郎新婦から一人ずつ主賓を立てる場合には、双方の主賓に挨拶をしてもらい、乾杯は新郎・新婦どちらかの会社の上司や恩師、親戚などにお願いします。主賓に準じて乾杯をお願いする人を決めると良いでしょう。例えば、新郎の会社の社長に主賓を依頼した場合は、乾杯を直属の上司に依頼するというのも良いでしょう。

最近は新郎新婦から一人ずつ主賓を立て、一人には主賓の祝辞を依頼し、もう一人には乾杯の挨拶を依頼するというケースもあります。まずは、主賓をどのように立てるかを二人で相談し、それぞれの両親に確認してから決めるようにしましょう。また、主賓は高砂に最も近い席に座ります。

主賓・乾杯の依頼方法

  • 1.結婚することを報告する
  • 2.結婚式に出席してもらえるかを確認する
  • 3.出席してもらえるのなら、主賓として祝辞をもらえるかを確認する
  • 4.結婚式の招待状に祝辞依頼のカード(付箋)を同封して渡す

突然招待状の中に祝辞を依頼する内容のカードを同封するのは失礼に当たります。招待状を送る前に、結婚の報告・出席のお願い・祝辞の依頼を直接するようにしましょう。直接依頼できない場合には、手紙や電話で行いましょう。また、招待状は直接渡すことができる場合には、直接手渡す方が良いです。

(例)
「招待状は後日お送りさせて頂きますが、当日披露宴にて、主賓としてご祝辞をお願いできないでしょうか」

主賓挨拶・乾杯の持ち時間は?

だらだらと長いスピーチで疲れてしまった…という経験はないでしょうか。スピーチは短すぎていけないということはありませんが、長すぎるとあまり良くありません。一般的に主賓の祝辞は3〜5分程度、乾杯の挨拶は1分程度です。依頼した相手が、どのくらいの時間で祝辞を行ってくれるのかはわかりませんので、あらかじめ「乾杯の前に何分程度で…」と祝辞の持ち時間も伝えておくと良いでしょう。

主賓・乾杯のお礼について

主賓の挨拶や乾杯をしてくれた人へのお礼は、5千円〜1万円をお車代として渡します。しかし、遠方から来てくれた場合には金額が違ってきます。

友人代表スピーチの依頼方法

気の知れた友人だからと言って、メールで依頼するのではなく、直接または電話、手紙で依頼するようにしましょう。近くに住んでいる友人なら直接会う機会を設けると良いでしょう。

  • 1.結婚することを報告する
  • 2.結婚式に出席してもらえるかを確認する
  • 3.出席してもらえるのなら、友人代表のスピーチを依頼する
  • 4.結婚式の招待状に祝辞依頼のカードを同封する

友人代表のスピーチの持ち時間は?

友人代表のスピーチの持ち時間は一般的に2〜3分です。依頼する際にスピーチの時間も伝えておくと良いでしょう。

友人代表のスピーチへの謝礼は?

現金での謝礼ではなく、新婚旅行のお土産などを披露宴後に渡すと良いでしょう。後日新居に招くのも良いですね。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン