結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
招待状

【招待状の作成・発送準備】手作り・オーダーメイド・招待状のマナー

結婚式には「あの人も呼びたい、この人にも来てもらいたい…」とたくさんの人の顔が浮かぶのではないでしょうか。しかし、結婚式に招待できる人の人数は限られています。よく考えて招待状を出しましょう。

結婚披露宴の招待状は業者にお願いする? 手作りする?

招待状結婚式場の提携している業者にお願いする場合・自分で業者を見つけてお願いする場合・自分で手作りする場合があるでしょう。結婚式場で見積もりを出してもらうと、一般的に招待状の費用が含まれています。招待状にこだわるのなら、自分で見つけた業者に頼むか、自分で手作りすることもできます。

結婚式場で招待状の作成を依頼する場合

結婚式場で招待状の作成を依頼する場合は、デザインを選び、文章を決めます。(ほとんどの人が文例から選択しています。)招待状、案内状、挙式参列やスピーチを依頼する付箋(カード)封筒など必要なものは全て依頼することができます。

しかし、ほとんどの場合宛名書きは自分で行わなくてはいけません。式場でお願いする場合には、追加費用がかかります。自分で安く宛名を書いてくれる業者に持って行ったり、自分でパソコンで印刷したり、自分で筆ペンで宛名書きをしたりします。

費用の相場

結婚式場で結婚式の招待状を全てお願いする場合には、1部約600円かかります。その他に宛名書きを依頼すると一枚あたりプラス200円〜250円がかかります。

メリット・デメリット

結婚式のプロであるプランナーに確認してもらうことができるので安心です。招待状の作成や郵送に当たって、ちょっとした間違いであっても非常識と取られる場合もありますが、そのような心配はありません。また、自分で何かしなければいけないということはなく、確認するだけで良い場合が多いので、手間がかからないというメリットもあります。

しかし、式場でお願いすると費用が高額となり、デザインも限られた中から選ばなければならないというデメリットもあります。

自分で見つけた業者に依頼する

式場以外の業者に依頼する方法。最近は結婚するカップルの半数以上が、自分で見つけた業者に依頼しているとか。デザインにこだわる人や、少しでも安く抑えたいという人におすすめです。

業者によって違いますが、オーダーメイドの招待状も可能です。費用を抑えるためにデザインだけを業者にお願いして、印刷は自分で行うという方法もあります。結婚式場でお願いする場合は提携している業者のみなので、デザインなどは限られた中から選択しなければいけません。しかし、自分で業者を見つけて依頼する場合には、数ある業者の中から気に入ったデザインを見つけることができます。

費用の相場

結婚式の招待状をオーダーメイドした場合の費用の相場は一部あたり500〜550円だとか。結婚式場でお願いした場合とそれほど変わりませんが、封入や宛名書きを自分で行うことで安く済ませることができます。

メリット・デメリット

招待状だけでなく、席次表やサンキューカード、プロフィールなどのペーパーアイテムを全てコーディネートすることもできます。また、安くしたいと思えばデザイン等限られますが、安く済ませることもでき、とことんこだわりたいと思えば、多少費用はかかりますが自分の思った通りの招待状を作成することもできます。

しかし、納品されるまで招待状の実物を手にとって見ることができないというデメリットもあります。画像などでの確認となる場合が多いです(業者によって異なります)。

手作りする

式場以外の業者に依頼する方法。最近は結婚するカップルの半数以上が、自分で見つけた業者に依頼しているとか。デザインにこだわる人や、少しでも安く抑えたいという人におすすめです。

用紙にはブランドのものや、凝ったデザインのものもあります。結婚準備をこだわって手作りで行いたい人や、費用をあまりかけたくないという人に人気です。

費用の相場

250円〜300円が相場だとか。式場やその他の業者に依頼した場合の半額程で作成できます(費用は用紙やパソコンソフト購入などによって異なります)。

メリット・デメリット

手作りの大きなメリットは費用がかからないという点だと言えます。また、自分の思い通りに作成でき、夫婦で協力して作成できるというメリットがあります。夫婦で協力したことで、結婚準備も良い思い出になったという声も。

しかし、結婚準備の忙しい時期なので招待状作りが大きな負担となるというデメリットも。新婦一人で作成するケースが多いですが、二人で協力しなければ負担が大きいと言えるでしょう。

招待状に関するマナー

招待状を出すに当たってのマナーはしっかり覚えておきましょう。結婚式に関するマナーはとても重要です。知らないと非常識と取られてしまうことも…。

招待状を出す前に電話で連絡

急に招待状を送るのはマナー違反です。電話や直接会って結婚の報告をし、結婚式に出席できるかどうかを確認してから招待状を出しましょう。事前に欠席がわかっていれば、招待状を無駄にすることもありませんし、準備もスムーズになります。

招待状に貼る切手は寿切手を!

招待状には寿切手か慶事用切手を貼ります。もちろん返信用ハガキにも寿切手か慶事用切手を貼っておきます。必ず郵便局でいくらの切手を貼ればよいのか確認してから切手を貼り、投函しましょう。

招待状は挙式の2ヶ月前までに送りましょう

招待状は結婚式の2ヶ月前には招待客の手元に届くようにしましょう。日柄にこだわりたい場合には、2ヶ月前に相手に届くかを確認して、大安の日に投函すると良いでしょう。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン