結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
ウエディングケーキ

【披露宴の演出を決める】ウエディングケーキ・キャンドルサービスなど

披露宴は自分たちのために開かれているものではありますが、来てくれているゲストも楽しめるものである必要があります。新郎新婦もゲストも、感動して涙を見せる場面もあれば、笑いが起こり盛り上がる場面もあるような披露宴にしたいですね。

披露宴定番の演出

披露宴の定番の演出と言えば、ウエディングケーキのカット、キャンドルサービスではないでしょうか。結婚式の演出にも流行があり、一昔前人気のあったスモークやゴンドラなどは、すっかり見かけなくなりました。長い間続いている結婚式の演出も、最近は変化しています。

ウェディングケーキ

新郎新婦が初めて行う共同作業として、結婚式には欠かせない演出である「ウエディングケーキ入刀」も、現在は「ファーストバイト」としてかつての演出とは違ったものになっています。かつてのウェディングケーキは、イミテーションの大きなケーキでしたので、遠くから見てもはっきりとケーキがわかり、豪華な雰囲気を出すことができました。しかし、最近流行しているのは本物のケーキ(生ケーキ)なので、遠くからはわかりにくく、ケーキだけでは華やかさを出すことはできませんが、ファーストバイトを行うことによって盛り上がる演出となっています。

ファーストバイトとは?

新郎新婦がケーキ入刀を行った後、お互いに食べさせあう演出を言います。欧米では昔から行われていた風習で、新郎から食べさせることは「一生食べ物には困らせない」という意味が、新婦から食べさせることは「一生美味しい料理を作ってたべさせる」という意味が込められているのだそうです。

ファーストバイトの演出

ウエディングケーキの飾りつけをゲストにお願いする

真っ白のケーキをゲストに飾り付けしてもらいます。文字を書くのは難しいかもしれませんが、フルーツをゲストみんなにのせてもらうという演出もできます。また、飾り付けを双方の両親にお願いするのも良いですね。

両親にも参加してもらおう!

新郎新婦のウェディングケーキ入刀が終わり、二人のファーストバイトの前に、双方の両親に出てきてもらってお手本を見せてもらうというサプライズ演出も盛り上がりますね。両親の恥かしがる姿で、ゲストが盛り上がることもあるとか。

新郎には巨大スプーンで…

新郎新婦がお互いケーキを食べさせ合いますが、新郎用のスプーンだけ巨大スプーンが用意されているという演出も、笑いを誘い盛り上がります。

ウエディングケーキにしかけをしておく演出も

ケーキの中にアーモンドやドラジェを入れておいてもらい、ゲストの中でアーモンドなどが入っていた人にプレゼントを用意したり、スピーチしてもらうのも良いでしょう。

キャンドルサービス

キャンドルサービスも披露宴の演出の定番と言えるでしょう。キャンドルサービスは新郎新婦が披露宴に出席してくれたゲストへのお礼として、1テーブルごと回っていき、全てのテーブルを回った後にメインキャンドルに点火するという演出です。かまどの火を両親からゆずり受けるという習慣から始まったとも言われています。

キャンドルサービスの演出を行うカップルは減少し、披露宴を行うカップルのうちの半数以下となっています。キャンドルを使った他の演出を取り入れている人が増えているのです。

キャンドルサービスの代わりとなる演出

キャンドルサービスは各テーブルを回り、ゲストと写真を撮ったり、ゲストから「おめでとう」の声がかかったり、ゲストと近づくことができる演出の一つです。また、キャンドルの炎は美しい光景を作り出してくれることから、「キャンドルサービスは行わないけれど、キャンドルを使って演出したい」というカップルも多いとか。

キャンドルリレー

キャンドルリレーとは、ゲスト全員が参加し、感動を分かち合うことができる演出です。ゲストの数だけのキャンドルが灯るので、ロマンチックな雰囲気を出すことが出来ます。何色かのキャンドルを使うのも良いですね。

【キャンドルリレーの進め方】

双方の両親(または友人)から新郎新婦が種火をもらいます。ゲスト全員がキャンドルをもっていますので、新郎新婦が各テーブルを回ってテーブルの代表者のキャンドルに火をつけ、各テーブルでキャンドルのリレーを行っていきます。新郎新婦が全テーブルを回り、ゲスト全員のキャンドルに火が灯ると、ゲストの代表から新郎新婦の持つトーチに火がつけられます。そして最後に、新郎新婦がメインキャンドルに火を灯します。

ルミファンタジア(アクアイリュージョン)

ルミファンタジアは、キャンドルを使用しない光の演出です。新郎新婦が特殊な液体をゲストテーブルの液体に注ぐと、化学反応により色鮮やかに発光します。色も豊富にあるため、会場の雰囲気や新婦のドレスの色とコーディネートして素敵な演出が可能です。液体の色にはブルー・イエロー・レッド・ピンク・ホワイト・グリーン・パープル・オレンジなどがあります。

【ルミファンタジアの進め方】

キャンドルサービスと同様、各テーブルを新郎新婦が液体を注ぎ、各テーブルに光をともしていき、最後にメイン(キャンドルサービスで言うメインキャンドル)の、グラスタワーやタワーボトルに光をともします。

最近増えている映像を使った演出とは?

近年映像を使った演出が増えています。新郎新婦の生い立ちや出会いから結婚までを写真や動画を会場の大型スクリーンに映し出して紹介します。大型のスクリーンを備えている披露宴会場が増えています。

オープニング

ゲストの写真や新郎新婦の幼い頃に親戚で撮った写真、新郎新婦の友人との懐かしい写真などをお気に入りのBGMと共に、大きなスクリーンで流します。披露宴が始まる前から盛り上がってしまうことも。

プロフィール

新郎新婦の生い立ちや二人が出会ってからの写真、両親や友人からのお祝いのコメントなどを流します。二人のことをよく知ってもらえる演出です。

エンドロール

二人の写真や二人からの感謝のコメントなどを、新郎新婦が退場した後に流します。披露宴のラストを飾る演出として人気です。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン