結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
式場

【式場を決定する】仮予約・予約金・キャンセル料について

結婚式には費用がかかり、一生に一度のことなので結婚式場選びは慎重になりますよね。式場を決めてからの手順はどのようになっているのでしょうか。

式場の候補を絞ったら仮予約しよう

仮予約とは気に入った結婚式場が他の予約が入ってしまわないように、無料で式場を押さえることができ、本契約をするかどうかをゆっくり検討することができます。他の候補と迷っている間に希望の日程が埋まってしまうということがないように、気に入った結婚式場があったら仮予約をしておくと良いでしょう。あまりにたくさんの式場を仮予約してしまうと、結婚式場や他の人の迷惑にもなるので、仮予約は候補に挙がっている2〜3箇所にしておきましょう。

仮予約の期間は?

仮予約で結婚式場を押さえることができますが、あくまでも「仮」の契約なのです。いつまでも、押さえておいてはもらえません。結婚式場によって異なりますが、だいたい7〜10日間となっています。この間にしっかり相談して、本契約するかの決断をしなくてはなりません。また、仮予約は期間内ならばキャンセル料はかかりません。複数の式場に仮予約を入れる場合は、仮予約の期間をしっかり把握しておきましょう。

本契約の前に見積もりを確認しよう!

仮予約をした式場に見積もりをしてもらいましょう。見積もりを依頼するには、希望のプランとだいたいの招待者数を決めておかなくてはいけません。

見積もりを出してもらったら、何の費用が含まれて、何の費用が含まれていないのか確認しましょう。予算をオーバーしていたり、余裕があるからオプションをつける場合などは、見積もりをし直してもらいましょう。見積もりは何度依頼しても無料で行ってもらえます。費用の面でも納得してから契約するようにしましょう。

式場が決定したら本契約! 内金が必要です

仮予約していた式場を、正式に予約(契約)する場合には内金(または予約金・前金)が必要です。内金の相場は5万円〜20万円で、式場や挙式の規模によっても異なります。

契約時に支払う内金は、結婚式の費用の一部となりますので、結婚式の総費用を支払う際は、内金の分を差し引いて支払います。

キャンセルしたら内金は返金される!?

キャンセル料が返金されるかどうかは結婚式場によって異なります。契約時に挙式・披露宴の取り消し手数料などの記載された規約などが渡されます。規約等結婚式場から渡されなかった場合には、担当者に確認する必要があるでしょう。

結婚式場のキャンセル料でトラブルが多発しています!

結婚式場のキャンセルを巡ってトラブルが多発しています。結婚式場によってシステムが異なるので、他の式場で適応されたことがその式場で適応されるというわけではありません。挙式までの期間によって発生するキャンセル料が異なるので、キャンセルする場合はなるべく早いほうが良いです。また、トラブルが起きてしまった場合には、消費者センターに相談しましょう。

国民消費者センターHP http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン