結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
結婚式の招待客選び

【挙式・披露宴の招待客選び】招待者リストを作ろう!

結婚式の準備で最も早い時期に取り掛かりたい招待者選び。「招待状を出すのはまだ先」と考えてしまいますが、招待者数を出さなければ挙式・披露宴の規模が決まらず、適した会場を探すことができません。
自分たちの招待したい友人・知人はもちろん、親戚や両親の招待したい人などの人数も大まかに出しておく必要があるので、双方の両親にも相談しましょう。

招待者のリストアップで気をつけたいこと

結婚式にはたくさんの人を招待して祝福してもらいたいと思うかもしれませんが、自分の友人・知人だけではないので、招待したい人の数が思っていたよりも多かったということも。誰を招待して誰を招待しなかった…というような、人間関係のトラブルがないように、招待者選びはしっかり考えて行う必要があるでしょう。

両家の招待者数のバランスは関係ない!?

昔は両家の招待者数が同数または新郎家の方が多いようにするのが一般的でした。しかし、今は両家の招待者数のバランスは関係なくなってきています。本人や両親の仕事や、実家から結婚式を行う場所までの距離などで、出席する人数は異なってきます。親戚の多い家もあれば、少ない家もあります。両家の人数のバランスを考えながら出席者数を決めるのではなく、ぜひ来てもらいたい人を招待する場合が多いです。

しかし、地域や考え方によって、現在でも両家の出席者の人数を気にする人もいます。双方の両親の考え方も確認して、出席者数を決めると良いでしょう。

職場の人は呼ばなければいけない?

職場の人を呼ばないで友人と親戚のみの結婚式も多いです。しかし、職場の人を呼ばないのならば、全く呼ばないというようにしなければ、誰を招待して誰を招待しないというトラブルも起こり得ます。人数の都合もあるので、上司・先輩と同期は招待して後輩は二次会からというようにしても良いでしょう。

席次のことも意識して

招待することだけを考えてしまい、いざ席次を決める時に、知り合いのいない人が一人だけいた…なんてことも。招待した人みんなが楽しんでもらえるように、知り合いがなく一人だけという事がないように考慮しなければなりません。

喪中の人にはどうしたらいいの?

喪中の場合、四十九日の忌明けを過ぎていたら招待状を出しても大丈夫ですが、相手の気持ちの整理がついていないような場合には、電話などで相談してみても良いでしょう。

招待状の発送までに時間がある場合には、少し時間をおいて結婚の報告と出席について相談をすると良いでしょう。

一般的なマナーもありますが、当人同士の間柄も大きく関係してくると思います。相手の気持ちを考慮することが大切です。

挙式に出席してもらいたい人の人数は?

挙式会場・披露宴会場ともに収容人数が決まっています。挙式のスタイルによって、新郎家側・新婦家側に別れて着席します。挙式に関しては、新郎家と新婦家の参列者数のバランスが取れていることが望ましいです。どうしても挙式から出席して欲しい人の人数も把握しておくと、式場選びに役立ちます。

また、会場によりますが、挙式は立ち見の人が出ないようにした方が良いでしょう。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン