結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
人前式,キリスト教式,神前式

【結婚式のスタイルを決める】キリスト教式・神前式・人前式について

結婚が決まったら、結婚式へのイメージがふくらみますね。純白のウェディングドレスを着て教会での結婚式、白無垢を着た芸能人が神社で神前式結婚式を挙げている報道も頭に浮かびます。
結婚式のスタイルもさまざまなので、どんな結婚式にしたいのか、二人でしっかり話し合って決めましょう。

結婚式のスタイルを確認しましょう

結婚式には主に教会式(キリスト教式)・神前式・仏前式・人前式があります。日本は仏教の国ですが、多くの日本人は特定の宗教を信仰していません。信仰とは関係なく挙式のスタイルを選択している場合がほとんどです。教会式・神前式・仏前式の結婚式は神様・仏様に結婚を誓います。また、近年増えている人前式は結婚式に出席する両親や親戚・知人・友人の前で結婚を誓います。

それぞれに結婚式の流れや衣装、参加者などが違うので、二人でよく話し合って結婚式のスタイルを決めましょう。

神前式結婚式

神前式結婚式は日本で古くから信仰されている「神道」の影響を受けているスタイルです。三々九度や玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀式などを行い、親族のみが参列して家と家が結びつく考えのもとに行われます。格式を重んじた厳かな結婚式であると言えます。

神前式結婚式の流れ

1.参進

雅楽の演奏の中、巫女に先導されて新郎新婦・媒酌人・両親・親族・斎主の順に入場します。

2.着席

新郎の親族・新婦の親族が向かい合うように座ります。

3.修祓の儀(しゅぱつのぎ)

心身を清めるためのお払いを行います。

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が二人の結婚を神に報告し、二人の幸せを祈ります。

5.三献の儀(さんこんのぎ)

新郎新婦が三々九度の杯を交わします。二人がめぐり合ったことへの感謝・永遠に力を合わせて暮らしていく誓い・子孫繁栄の願いを意味します。

6.指輪の交換

新郎・新婦の順で相手の左手の薬指に結婚指輪をはめます。

7.誓詞奏上(せいしそうじょう)

神前で愛の誓いを読み上げます。

8.親族盃の儀

両家の親族を結びつける(固める)盃を交わします。参列者全員でお神酒を飲みます。

9.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串を神前に供え、二礼二拍手一礼で拝礼します。

10.斎主の挨拶

お祝いの挨拶と式の終わりの言葉が神職からあります。

11.親族紹介

媒酌人が挨拶し、媒酌人が新郎の父を紹介し、新郎の親族を一人一人紹介していきます。次に媒酌人が新婦の父を紹介して、新婦の父が親族を紹介していきます。

12.退場

巫女の先導により、新郎新婦・媒酌人・両親・親族の順で退場します。

神前式結婚式を行える会場は?

かつては神社で行っていましたが、近年神殿のあるホテルや結婚式場が増えています。ホテルや結婚式場に問い合わせると良いでしょう。また、神社で挙式を行う場合には、披露宴会場を近くで探す必要があります(挙式を行う神社で披露宴を行える場合もあります)。

神前式の衣装は白無垢でなきゃいけない?

神前式の挙式の衣装は白無垢が一般的ですが、黒引きでもかまいません。神前式挙式の衣装の決まりは特にないのだそうです。一般的なのは白無垢に綿帽子、黒引きに角隠しです。

神前式の結婚式は友達の出席は可能?

神前式の結婚式は親族だけの参列が一般的でしたが、最近は広い神殿のある結婚式場も増え、友人・知人も参列できるようになりました。しきたりを大切にする家柄の場合は、友人を招待できない場合もあるかもしれません。双方の両親に確認すると良いでしょう。

教会式(キリスト教式)結婚式

かつてはキリスト教を進行している人しか教会で結婚式を挙げられませんでした。しかし、近年では信仰する宗教に関係なく結婚式を行える教会もあります。

教会式(キリスト教式)結婚式の流れ

1.入場

来客者が入場し、新郎が入場して聖壇の前で新婦を待ちます。バージンロードを新婦は父にエスコートされて歩きます。新郎の前まで来たら父は新郎に新婦を引き渡します。

2.賛美歌合唱

全員で賛美歌を合唱します。

3.聖書の朗読・祈祷

牧師が結婚に関する聖書の一説を読みます。

4.誓約

新郎新婦が神に愛を誓います(牧師が新郎・新婦の順に問いかけをします)。

5.指輪の交換

新郎・新婦の順に相手の左手の薬指に指輪をはめます。

6.結婚宣言

牧師が新郎新婦に来客者の方を向かせて、神と来客者に結婚が成立したことを牧師が宣言します。

7.結婚証明書

結婚証明書(または婚姻届)に新郎新婦が署名を行います。

8.賛美歌合唱・祈祷(きとう)

全員で結婚成立を祝い賛美歌を合唱します。そして、牧師は神の祝福があるように祈りをささげます。

9.退場

新郎新婦が二人一緒にバージンロードを歩いて退場します。

教会式(キリスト教式)結婚式を行える会場は?

聖壇のある結婚式場やホテルで挙式ができます。キリスト教を信仰していない人が教会で結婚式を挙げる場合は、宗派によって信徒でなければ挙式ができない場合や、短期間の講座を受講することで挙式を行える場合などもあります。また、披露宴を行えない教会もあります。

教会式結婚式の衣装のきまりは?

本来は衣装のきまりはないようですが、一般的に新郎はモーニングコートやフロックコート、新婦は純白のウェディングドレスを身につけます。教会によって、肌の露出しすぎているドレスは禁止されている場合もあります。

人前式結婚式

形式にとらわれずに挙式を行う人前式結婚式。近年最も人気のあるスタイルです。他の結婚式のスタイルでは、神や仏に結婚を誓いますが、家族や親族、友人、知人のまえで結婚を誓うのが人前式結婚式です。正式な流れや決まりがないので、自分たちらしい結婚式を行えます。

人前式結婚式の流れ(例)

1.入場

参列者(立会人)が入場した後、新郎新婦が入場します。

2.立会人代表(司会者)の挨拶

立会人が結婚式の始まりを告げ、人前結婚式の意味について説明があります。

3.立会人代表の紹介

司会者が立会人代表の紹介をします(立会人と新郎新婦の関係など)。

4.誓いの言葉

新郎新婦が結婚の宣言を行います。結婚宣言の内容は新郎新婦が考えます。自分たちの言葉で宣言するので、参列者に気持ちが伝わりやすく、オリジナリティを出すこともできます。

5.結婚証明書

結婚証明書(または婚姻届)に署名をします。

6.指輪の交換

新郎、新婦の順に結婚指輪を相手の薬指にはめます。

7.結婚承認の拍手

立会人(参列者)が結婚の承認を拍手で表します。

8.結婚成立の宣言

立会人の代表が二人の結婚が成立したことを宣言します。

9.閉会の辞

司会者から結婚式の閉会の挨拶があります。

10.退場

新郎新婦が退場し、続いて参列者が退場します。

人前式結婚式の新郎新婦の衣装は?

正式な決まりはないので、白無垢でもウェディングドレスでも可能です。最近は和風モダンな和装人前式が人気です。

オリジナリティを出す演出とは?

両親に感謝の気持ちを表したい場合には、両親が参加するようなセレモニーを式の中に組み込むケースもあります。また、入退場で両親や立会人代表にエスコートしてもらうのも良いでしょう。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン