結婚式までのタイムスケジュール【ダンドリ】
結婚式

【結婚式を挙げる理由】婚姻の儀式はなんのために?

花嫁さんになることは女性のあこがれとされてきました。しかし、近年は結婚式を行わない「なし婚」「ジミ婚」が増えているということです。そもそも、結婚式は何のために行うのでしょうか。

結婚式は宗教とは関係あるの?

結婚式は神前式・仏前式・キリスト教式(教会式)などがありますが、これらの儀式は神様や仏様に結婚を誓うための儀式です。かつて結婚式は宗教と深く関係があり、日本では神前式や仏前式の結婚式が多く行われてきましたが、近年は宗教とは無関係にキリスト教式の結婚式を行うのが主流となっています。また、近年信仰とは関係なく、親族や友人・知人・両親の前で結婚を誓う人前式の結婚式も多く行われています。

結婚式は何のために行うの?

両親や友人・上司・親戚などが集まり、結婚を祝うのが結婚式ではありますが、結婚する男女が日頃お世話になっている人達に結婚の報告を行い、お世話になっているお礼を込めておもてなしを行う場でもあります。そして、結婚式では結婚相手がどんな人なのかを紹介することもできます。結婚式を行わない場合には、お世話になっている人たちに結婚の報告と挨拶に回らなければなりません。

自分が主役だけどゲストのことを気づかって!

結婚式は結婚する二人が主役ではありますが、日頃の感謝の気持ちも大切にしなければなりません。結婚式の準備を行う際に、ドレスや式場ばかりが気になってしまいますが、結婚式に出席してくれる人たちへの感謝の気持ちも忘れてはいけません。交通の便や料理など、ゲストが楽しめる結婚式を心がけることも大切です。

結婚式を行うことは親孝行!?

近年ライフスタイルも多様化して、結婚式を挙げることに関心のない人も増えていますが、結婚式を挙げて欲しいと考える親も多いです。そして、結婚式に対しての希望もあります。「親に心配かけない」と考えてしまいがちですが、親の意見を聞くことも大切です。全て親の言う通りにはできませんが、相談しながら結婚式について決めると良いでしょう。

結婚式を挙げない選択もあります

価値観が多様化し、結婚しても式は挙げないというカップルも増えています。結婚式を挙げるのも挙げないのも、二人の意見が一致していれば良いですが、一生に一度のことですのでしっかりと話し合って決める必要があります。

「なし婚」と「ジミ婚」

結婚しても結婚式や披露宴を行わない「なし婚」や、披露宴を行わない・結納をしない・写真撮影のみといった儀式やイベントを省いた「ジミ婚」が増えています。その背景には経済的な理由や、経済的に余裕があっても結婚式にお金をかけたくないと考えるカップルや、再婚・授かり婚(できちゃった結婚)などもあります。

挙式は行わなくても写真だけは残したい!

ジミ婚・なし婚でもドレスは着てみたい、写真だけは残したいというカップルが多く、写真だけを撮影するフォトウェディングが人気です。挙式・披露宴を行うのと比べて、準備が楽で安く済みます。また、挙式・披露宴当日に写真撮影するのに比べて、落ち着いて撮影でき、屋外で撮影できるところもあります(ロケーションフォト)。

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン