• <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • 【婚約とは?】婚約中のマナー・婚約破棄について
  • 【結婚式までのブライダルスケジュール】結婚1年前からの段取り
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • 【婚約が決まったらまずすること】好印象を与える両親への挨拶
  • 【仲人を立てるか決める】媒酌人・立会人は必要?
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • 【結婚式の招待客選び】挙式・披露宴の招待者リストを作ろう!
  • 【ブライダルフェアに行こう!】参加方法・費用・準備・服装について

  • <結婚が決まったら確認したいこと>婚姻・婚約マナー・挙式
  • <プロポーズ〜結婚準備前のスケジュール>婚約・食事会・顔合わせ・仲人
  • <結婚式8ヶ月前〜7ヶ月前までのスケジュール>挙式・費用・予算・式場選び方・婚約指輪
  • <結婚式7ヶ月前〜3ヶ月前までのスケジュール>結納・衣装選び・二次会幹事・装花
  • <結婚式3ヶ月前〜2ヶ月前までのスケジュール>料理・演出・招待状・スピーチ
  • <結婚式2ヶ月前〜結婚式当日までのスケジュール>引き出物・ブーケ・BGM
  • <結婚式向けの気になるサービス>エステ・ネイル・ブーケ・ビデオ撮影
  • <結婚式コラム>マナー・入籍・手紙・マリッジブルー・バルーン

結婚式までのタイムスケジュール

「結婚式までの準備は忙しい」というイメージがあると思います。結婚式の準備は多くの人が初めてです。結婚相手の両親も交えて決めなければならないことがあり、安くはないお金のことも決めていかなければならないのですから、準備がスムーズに進まないこともあると思います。行きあたりばったりで準備を進めていくことは、失敗やストレスにもつながります。
結婚が決まったら、まず結婚式までの全体のスケジュールを組むことをお勧めします。このサイトで、結婚式当日までのおおまかな流れをつかんでもらえたら…と思います。

結婚式準備の段取りの大切さ

結婚式の準備を始める時期は人それぞれ。授かり婚で短期間に準備を進める人もいれば、結婚式までの期間が1年以上ある人もいます。準備の期間が短くても、感動的な素晴らしい結婚式にすることもできますし、期間があっても準備が進まずにストレスがたまり、結婚準備に幸せを感じられない場合もあります。

もちろん、結婚準備は早く始めて悪いことはありません。時間に余裕があったほうが良いです。しかし、最も大切なのは限られた時間の中で、どれだけ段取り良く準備を進めるかではないでしょうか。

結婚式の準備は期限との戦い!?

結婚式の準備のほとんどに期限があります。結婚式場を決定するのにも、自分の希望の日程が埋まる前には予約を入れなくてはいけません。自分の希望のドレスがいつでも空いているわけではありませんし、招待状や引き出物、装花、料理、ブーケ、髪型、メイク、BGM、演出…などと、挙式に間に合うように手配しなければならないものが、本当にたくさんあるのです。結婚式の準備の他にも、結婚指輪や婚約指輪、ハネムーン、新居などの準備が同じ時期にあります。「期限が迫っていたから焦って決めてしまった」ということがないように、事前に段取りを知っておかなければなりません。

また、結婚式の料理や引き出物など、自分の好みだけで決められないものもあり、迷うこともたくさんありますが、期限に迫られて妥協することがないように、時間にも余裕を持って準備を進めていきたいですね。一つ一つの準備を妥協せず、大切に行っていくことで、自分たちの結婚式が思い出深く、幸せなものになるのではないでしょうか。

段取りと一緒に予算を組もう!

多くの人が、結婚式の予算を立てますが、結婚式全体にかける予算のみであり、詳細はあいまいです。そのため、最終的には予算を大きく上回ってしまうことが多いようです。

また、結婚式場で出してもらえる見積もりは、全ての費用が含まれているわけではないので、契約時の見積もりよりも費用がかかってしまった…ということが多いです。「これは予算に含まれていないの!?」ということもあるかもしれません。段取りとともに、結婚式にどんな費用がかかってくるのかを確認しておくと良いでしょう。

ゲストへの感謝の気持ちが大切

結婚式の主役は新郎新婦であり、結婚する二人にもどんな結婚式にしたいという気持ちがあると思います。先に説明したように、期限や予算の制限はあると思いますが、思い出に残る結婚式にしてもらいたいと思います。【結婚式を挙げる理由】のページでも説明していますが、結婚式は祝福してくれる両親やゲストに、日頃の感謝の気持ちを伝える日でもあるので、「自分たちがこうしたい!」という気持ちだけでなく、招待する人の顔を浮かべながら喜んでもらえるような結婚式を作っていくと良いと思います。

情報収集しよう!

結婚式のためのサービスはたくさんあります。自分でイメージしているものだけではないのです。例えば演出方法では、かつてのようなケーキカットとキャンドルサービスというような、決まりきったものだけではありません。巨大バルーンから登場する新郎新婦もいれば、両親への手紙を読む新郎もいます。演出に限らず、自分たちらしい結婚式にする方法が増えているのです。

インターネットや結婚情報誌などで多くの情報に触れて、選択肢を増やしておくと、よりオリジナリティのある結婚式になると思います。このページでも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 【結婚式のスタイルを決める】キリスト教式・神前式・人前式について
  • 【両家顔合わせ】顔合わせ食事会の段取り
  • 【ブーケを大切に残したい!】押し花・ドライフラワー・プリザーブドフラワー・シルクフラワーについて

10.7.26
結婚式の参考リンクを12件追加いたしました。
10.7.26
結婚式サイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

    投稿がありません。